高校生がキノコの面白い性質発見とか、科学技術チャレンジ賞?

 2月22日朝日新聞によれば高校生が『大発見をした』

という。

    (以下引用)

砂浜で生きるキノコ「スナジホウライタケ」の観察を続け

神戸学院大学付属高校(神戸市)2年の和田匠平さんが、

科学技術の研究成果を競う「第17回高校生科学技術チャレ

ンジ(JSEC〈ジェイセック〉)」(朝日新聞社テレビ

朝日主催)で「荏原製作所賞」を受賞した。過酷な環境の

下、身を守るために自ら砂をまとうことなどを突きとめた

という。。。。。。 各地のスナジホウライタケを観察す

るため、北海道から沖縄まで全国の海岸に足を運んだ。

その結果、直射日光や風などの外的刺激から身を守るため

に、柄に自ら砂をまとう工夫をしていることを発見した。

  (引用終わり)

 実にすごい高校生ではないか。いま時受験勉強など眼中

にないのだろう。それとも付属高校なので受験勉強など必

要ないのか。さて私の感想。

(1)専門の生物学会、植物学会がこのスナジホウライ

タケの面白い性質を知らなかったのだろうか。研究者は

いなかったのだろうか?

(2)一般的に科学分野はあまりにも急速に進歩して、

大学院修士院生でも最先端に追いつくことが難しくなっ

ている。高校生がいかに優秀でも量子コンピューターや

超弦理論に『チャレンジ』することは無理というモノ。

(3)朝日新聞科学部には優秀な人材がそろっている。

この朝日新聞が上のことを認識できないことがあるだろ

うか?

(4)それともこれは単に荏原制作の宣伝の片棒かつぎ

なのだろうか?

人形浄瑠璃 文楽 を観た。桜丸の自害の死体は万感の物語

昨日、長年の望みがかなって文楽を観ることができた。ま

ったく生まれて初めての経験だった。最近になって観たい

みたいと思っても、那須バンクーバーサイパンと渡り

鳥生活で文楽公演に、うまくマッチすることはなかった。

ところが、ところが、トランプさまのおかげで『スパイ

の疑い』でサイパンビザ拒否に合い、この冬は東京住まい。

そのおかげで文楽の特等席が取れた。武漢肺炎で、人込み

を避ける風潮か、席がとれたのだ。

 もちろん私の好きな   

        菅原伝授手習鑑

だ。3人兄弟の車引きの妻八重達の立ち居振る舞いの優雅

さ、美しさは言うに及ばない。しかしなんと言っても特筆

すべきは桜丸の自害のシーン。妻が泣き叫び狂ってすがり

ついても、父親が鐘を鳴らして念仏して泣き悲しんでも、

自害後の死体は微動だにしない。人間国宝人形使いのう

でさばきは実に見事だった。

 人形使いもヒトだから腕が疲れたり、指が痛くなったり、

膝がかゆくなったりするだろう。それでも死体は石のよう

に動かない。これがおよそ20分も続いたのだ。これは『

本物』の死体だ。その『本物さ』に場内はメを見張った!

こんなバカが今でもいる!たけしの正月特番『超常現象Xファイル』一反木綿の妖怪騒ぎ

 正月の多忙な日々も過ぎやっと落ち着いたので

上記のバカを取り上げましょう。いつものUFOは

たんに空の斑点や輝点が現れたという話で大気現

象は複雑ですからそんな写真は当たり前。その際

あきらからな文法を内蔵する電波信号をとらえた

というのならまだしも大気の斑点の写真をいくら

見せられてもどうしようもない。

 さて肝心なのはこれから。阿川が司会補助『

大槻教授、怪しいと思うことがあったらビシッ

と。。。』私、『やる前から全部怪しいよ』

その怪しいの一番『黒い一反木綿』。これは

自称作家の山口某が持ち込んだモノとか。山口は

言う。『鹿児島の妖怪が今全国に。日本経済の暗

い未来暗示』

 バカ!こんなの、農業用ビニールシートだ。『栃

木県北部に多発だと?』春先那須の我が家に来て

みろ。いつでも庭の古木のてっぺんにひっかかっ

ているから見せてやる。たしかに黒いシートだ。

これは通常のハウス用の白いビニールではない。

畑の畝を温めて発芽を促すビニール。春先の北風

は15m以上の風速で那須岳おろしの上昇気流と

なって巻き上げられる。

 このシーンでは私が指摘しないうちに優秀なス

タッフが気づき、農業用の黒い畝覆いシートをス

タジオに持ち込んで山口某は赤恥。山口は根っか

らのバカでもないから『一反木綿妖怪が単なる

ビニールシート』と分かると止む無く最後のケチ

を付けた。曰く『上昇気流が15m以上の風速に

なるものか!物理学者のくせに。。。』私は反論

しなかった。ただ苦笑い。山口某は『上昇気流を

たんに温度差によるもの』としか判断できなかった

のだ。

 山越えの高速気流は山を越えると、北向きに見る

と右回りの乱気流となる。この乱気流は栃木県北部

の地面、畑にあたり上昇気流となる。実際、『西

高東低』のときには台風並みの風が吹く。例えば

2017年10月31日の下野新聞によれば那須高原

では風速25.5mの強風が吹いた。庭の箒やバ

ケツなどまで吹上げられた。

 この地方では春も来ないのに一反木綿の妖怪が

さぞ賑やかだったことだろう(笑)。一反木綿の

妖怪とは鹿児島地方の物語。この地方では墓に埋葬

のとき5mから10mの旗を棒にくくりつける風習

があった。それが風で飛ばされ民家に舞い込むこと

がある。親は子供を叱る。『良い子にしないと墓場

から一反木綿がくるぞ!』と。

 今の子供にこんなだましは通用しない。通用する

のは山口某のようなオトナだけか?

村上春樹をはじめてチョコっと読んで大変面白かかった、それで。。。?

私は文学好きだがいつも読むのは平安時代から鎌倉時代

あたりの古典か自殺した作家のもの。とくに芥川龍之介

太宰治を読む。決して読まないのは現代のベストセラー

もの。だから村上春樹はこれまで一行も読んだことはな

かった。

 これでは何となく心残りの気もするし、暇つぶしにも

ならない。中野区の図書館で小三治のテープを借りにい

ったついでに村上春樹上巻を借りた。1Q84 

 なんとも奇妙なタイトルではないか。まるでスパイの

名前、偽名のようではないか。タイトルからして面白い。

芥川龍之介の決して使わない日本語だ。

 第1章 青豆という30がらみの、ミニスカートの女

が登場。タクシーは首都高速で大渋滞。渋谷で人と会う

約束に間に合わない。人と会う、と思った瞬間、バック

にいれた、『鋭利な道具』にさわる。これからこのミニ

スカートが、渋谷で男に会って殺人をする『らしい』と

暗示す。タクシーを降りてなんと首都高の非常階段を降り

始める。次に何をやらかすのか。わくわくするような、

気分だけではない。ミニスカートの(多分)美人の女が

靴も脱ぎすて高い非常階段の蜘蛛の巣をはらいのけるさま

は漫画イラストとしてもじつに面白い。

 第2章はまったく別の人物がひそひそと相談する。名前

は天呉。青豆もユニークな名前だが天呉もおかしな名前。

村上春樹は小説のタイトルから登場人物まで意表をつく。

有名出版社の有力編集長の天呉は新人賞をねらっている

作家の卵とひそひそ話。女子高校生からの投稿は下手な

文章で当然落選だが『お前の文章力で書き直せば芥川

賞も狙いる。』と。つまり一種の盗作、偽作、あるいは

作品詐欺ともなる。まともな有名作家の村上春樹の小説

が冒頭から偽作、盗作の相談から始まるとは意表をつく。

このような『文化的犯罪の予感』にわくわくする。

 しかも前章の殺人者らしい美人の青豆と偽作をたくら

むエリート編集者天呉はどこでどうつながるのか、早く

次を読みたい。しかし私はこれだけ読んだだけで、次の

日、この1Q84は図書館に返却した。

 講談も浄瑠璃も『いいところ』つまりもっと先が知り

たいと思うところでやめるものだ。大小説『大菩薩峠

もそうだった。

  『。。。これからが面白くなるのですが

    。。。ちょうど時間になりましたああ』

と。そう、そう、現代の村上春樹ベストセラーは講談

だったのです。講談の手法だったのです。だから面白い。

だが芸術としての真の文学作品ではない。

 

那須市民大学受講資格、誤解しないで!

 おしらせした日程の時間は午後6時から2時間

です。つまり夕方です。また受講参加資格は那

須塩原市民の方、とそれに準じる方

<および本ブログでこの市民大学のことを知っ

た一般の方>

です。だから一言でいえばどなたでも受講参加

資格があります。しかし定員がありますので、

くじ引きによる場合もあります。

まさかこれほどバカがおおいのか、韓国の新型肺炎騒ぎ

まず時事通信の報道を引用しよう。

【ソウル時事】韓国政府が新型コロナウイルスに

よる肺炎が流行する中国湖北省武漢市から自国民

の移送準備を進める中、帰国者のための一時的な

隔離施設が置かれる忠清南道牙山市と忠清北道鎮

川郡では一部の住民が反発を強めている。住民ら

は抗議デモを行っており、訪れた政府高官や警察

との小競り合いも発生している。

 韓国政府は30日からチャーター機を武漢に派

遣し、帰国後はウイルスの拡散防止目的で2週間

隔離するが、その施設として牙山と鎮川の公共施

設が決定したため、地元住民には不安が広がった。
 韓国メディアによると、29日には保健福祉省

高官が住民への説明のため鎮川を訪れると、住民

が高官を囲んで髪の毛を引っ張るなどして抗議。

30日にも陳永・行政安全相が牙山で説明会を開

き、「心配はいらない。徹底した対策を準備する」

と強調したが、住民らは「受け入れ反対」などの

プラカードを掲げ、卵を投げ付けるなどした。

2020年度 那須市民大学『力学の神髄、ニュートン力学、アインシュタインの力学、量子力学』市民以外の方々も受講可能

上記の市民大学の詳しい内容をお知らせします。

4月から6月まで合計7回に分けて講座を開きま

す。

 日時

4月11日~6月6日までの土曜日6時~8時まで

 (ただし連休のため4月25日と5月2日は休講)

 場所

那須塩原駅東口 東那須野公民館

 各回のテーマ

第1回 4月11日  仏教の因縁果とニュートン

第2回 4月18日 慣性の法則と充足理由律

第3回 5月9日 作用反作用の法則と充足理由律

第4回 5月16日 運動量とエネルギー

第5回 相対性理論の時間、空間

第6回 アインシュタインの力学

第7回 量子力学

 参加資格は那須塩原市民であることが原則ですが

その他の方も本ブログから特別参加も受け付けます。

大槻のメールアドレス

 otsuki1936@yahoo.co.jp

にお申込みください。

  なお参加費は無料です。大槻の完全ボランティアと

なっております。なお、さらに詳しい内容は

那須塩原市生涯学習

  0287-37-5364

にお問い合わせください。