東京オリンピック誘致汚職判明、オリンピック中止しかない

私はオリンピックにまったく興味がない。

落語のような面白さがないからだ。10年ほど

前、『Qサマ』とか言うクイズ番組に出演して

いたころ、『来年のオリンピック開催地はどこ

?』という質問に答えられなかった。このため

世のひんしゅくを買い、それ以来この番組から

はずされた。その後決まった東京オリンピック

はコロナヒステリーで延期、しかし来年も危な

いと言われている。ところがコロナどころか、

とんでもないスキャンダルが報道された。

   (今朝の朝日新聞からの引用)

東京五輪パラリンピックの招致委員会がン

サルタント業務を委託したシンガポールの会

社から、国際オリンピック委員会IOC)の

有力委員の息子とその会社に計約37万ドル(

約3700万円)が送金されていたことがわかった

。親子の汚職容疑を調べていたフランス当局の

捜査資料などから判明した。コンサル会社から

の送金について、息子は取材に「五輪とは無関

係」と答えた。この親子は、セネガル人で国際

陸連(現・世界陸連)トップを2015年まで16年

近く務めたラミン・ディアク氏(87)と、その

息子で同陸連コンサルタントだったパパマッサ

タ・ディアク氏(55)。ラミン氏は当時、IOC

委員として開催都市決定の投票権を持ち、アフ

リカなど他のIOC委員に影響力を持つといわれ

た。IOC倫理規定は、IOC委員への贈与を禁止し

ている。

  (引用終わり)

 あきれた話、あきれ果てた話。オリンピックは

崇高なオリンピック憲章によって運営されている。

その憲章の冒頭には、オリンピズムが高らかにう

たわれている。曰く

  世界の発展、国際理解、平和共存はもちろん

  社会や倫理教育の場とする。。。

何が『スポーツを通じた倫理教育』か。賄賂で歪

められたオリンピック。こんなの、世界の恥さら

し、即刻中止すべきである。 

地方に一流の病院と教育を!地方から逃げ出すのは一流の居酒屋がないためではない

 菅総理大臣閣下の目玉政策の一つが地方創成

だと言うのだが、これは絵に描いた餅だ。それは

地方に住むに必要な医療と教育が無いからだ。と

2日前にここで書いたら、たくさんの抗議、反論

が寄せられた。『地方をバカにするな、地方にも

良いクリニック、医院、歯科が山ほどあるのだ。し

かもこれらのクリニックの院長はほとんどすべて、

東京などの大学病院や大病院に所属した人ではな

いか、レベルは高いぞ!

 皆様はそれでご満足ならそれはそれで良いのです

よ。しかし私の経験を述べて地方の専門医療がいか

に劣っているか、を詳しく書きましょう。

 イボ治療の話

私は小さい頃から足に大きなイボがたくさんできて

ました。20歳のころよりこれが大きくなりだし、

数も増えてきました。その頃から私は茨城県古河

市に住み始めました。人口当時5万人(現在周辺

の町と合併して14万人)。総合病院はゼロ。イボ

がきがかりでしたので開業している皮膚科医院を

訪ねました。4か所に行きましたが3か所で医師が

バカにしたように足のイボを眺めてにやにや笑って

『単なるイボですね』と言って10秒で終わり。この

単なるイボは大きくなるばかり。しかし1か所のク

リニックでは塗り薬を処方してくれた。これがさっ

ぱり効かなかった。その後、私は東大の助手に採用

されたので東大病院。そこでは大きさ2,3センチ

になった6か所のイボを手術で切り取ってくれた。

『なんでこんなになるまで放っておいたの?!』と。

  ああ、医療格差!!

 痛風の話

 その東大助手のころアルバイトに駿台予備校の講師

をやっていた(週一回のアルバイトが許されていた)。

夏場のある日、教壇で右足のくるぶしが腫れて痛み

だした。夜には激痛で歩けなくなった。その頃の居

住地はまだ茨城県古河市。次の日その古河市の整形外

科医院。『痛風ですね』痛風特効薬とか言うコルヒチ

ンをもらった。特効薬といいながらコルヒチンで1週間

治らなかった。

 その後痛風発作は数か月おきに起こった。最後は43

歳のころ、ミステリーサークル探査にイギリスの麦畑

をうろついていたころ。実に20年以上も痛風発作に

痛みつけらえた。早稲田大学理工学部の教授のころ、

大学健保組合の機関紙に女子医大教授、痛風学会会長

の御巫先生の痛風は怖い病気、でも多くの整形外科で

間違った治療やってる、という記事に出会った。

 さっそく御巫先生を訪ねた。『なんで20年以上も

放置してたのか!』コルヒチンなど間違い!尿酸値を

下げなきゃ。くるぶしだけじゃすまない。腎不全にな

って死ぬよ。それ以来40年痛風発作で足が痛んだこ

とは一度もない。ああ、医療格差! 

 甲状腺機能低下

 あまり大食いしないのに体重は増え、肝機能も良く

ない。足の上が膨らんできた。全身の超音波で甲状腺

だけしぼんできた。しかし行きつけの那須塩原市のク

リニックでは甲状腺専門医など見つからない。ふとし

たことで東京医科歯科大で血液検査。甲状腺がたんに

しぼんでいるだけでなく必要なホルモンが出ていない、

と言われて甲状腺専門医にまわされた。太るのも肝機

能が悪いのも、腎機能が落ちてきたのも冬場皮膚掻痒

も全部甲状腺機能不全といわれてチラージンを処方さ

れた。おかげで体重は5キロ減り、足のむくみもなく

なり肝機能も正常、皮膚掻痒も消失。

 ああ医療格差!

 

 

逮捕された磁気ネックレス詐欺師、安部内閣と深い関係か

            (読売新聞18日から引用)

加藤官房長官は18日の記者会見で、詐欺容

疑で逮捕された磁気治療器販売会社「ジャパ

ンライフ」の元会長が首相主催の「桜を見る

」に参加したとされる問題について、再調

査しない考えを示した。 加藤氏は「毎年多

数の参加者がおり、名簿も保存されておらず

、個々の招待者について今から改めて調べて

も確たることは言えない」と述べた。

    (引用終わり)

 うわさ道理である。磁気ネックレス詐欺師

は安部前総理大臣閣下と関係があったのだ。

すなわち安部閣下の招待する『桜を見る会

というパーティに招待されていたのだ。その

パーティの写真が客の勧誘に使われた。つま

り安部閣下はこの悪質詐欺師の広告塔になっ

たのだ。

 邪推すれば、検察当局はは安部前総理閣下

が総理大臣を止めたから間髪をいれず逮捕に

踏み切った。総理大臣を辞めてたった二日後

に逮捕とは『待ってました』というわけだ。

 さらに以下のようなketukoさんの投稿も

来ている。

         (ketuko さんからの投稿)

この『ジャパンライフ』って会社は過去に

消費者庁からの天下りも発覚して問題にな

ったところでしたね。 所管の官庁抱き込ん

で巧妙に詐欺商売をしていたのか。とても

腹立たしい

   (引用終わり)

 もしかするとこの磁気ネックレス詐欺師

、安部前総理の知り合いより以前に内閣全体

に食い込んでいたのですね。

 

 いずれにしても磁気ネックレス詐欺師とつ

ながりが噂されるような内閣とは何だったの

か。低レベル内閣というより低レベル。その

ような低レベル内閣を選んで8年近くも支持

した70%以上の国民の支持とは情けない。

 

 

磁気ネックレス商法、ついに逮捕、磁気が体に良いは嘘八百、再三指摘も当局動かず、やっと今?!

磁気が体に良い訳ない。磁気ネックレスが血流促進

だと?うそ、真っ赤なうそ!すでに3,40年前

から、私が繰り返し指摘しても、当局はほとんど

『見て見ぬふり』。それがついに逮捕者が出た。

   (本日の朝日新聞からの引用)

 家庭用磁気商品の「オーナー商法」で多額の現金

を集めた「ジャパンライフ」(東京、産手続き中)

について、警視庁と愛知など5県警の合同捜査本部は

18日、元会長の山口隆祥(たかよし)容疑者(78)

=東京都文京区=を詐欺容疑で逮捕した。債務超過

の事実を隠して客を勧誘したという。同社の負債

総額は約2405億円で、債権者は約7千人に上ってお

り、捜査本部は手口などの実態解明を目指す。

 捜査関係者によると、山口容疑者らは同社が

務超過に陥っていた2017年後半に、元本保証や高

い利息の支払いをするとうそをつき、顧客にレン

タル用の磁気ベストや磁気ネックレスなどの「オ

ーナー」になるよう勧誘し、現金をだまし取った

疑いがある。

     (引用終わり)

 ん?!この逮捕、インチキ磁気ネックレスの詐欺

で逮捕されたのではなかった。オーナー商法で顧客

をだました罪というのだ。磁気詐欺は相変わらず、

不問されているのだ。早くからこの『磁気詐欺』で

逮捕しておけばこんな2400億円もの 巨額の被害者

など出なかったはずなのに。

 当局の科学知識、科学的判断力の欠如が招いた恥

ずかしい、オソマツな捜査当局!

 

 

地方人気、菅総理大臣閣下の『地方創成』は後付け、その地方はやはり不安と不満

総理記者会見、真っ先に地方とデジタル庁。『す

でに安部内閣時代からの自分の努力で地方の住宅

価格は上昇に転じた』と胸を張った。たしかに、

ここ那須地方は都会からの移住者が増加している。

 例えば那須の我が家の周辺。火の玉実験を始め

た40年前、我が家には道路も電気もなかった。

たった一本の農道のみ。歩いて10分もかかる県

道(もちろん未舗装)に車を放置してザックに食

料を積んで、長靴でぬかるみの農道を歩いた。

 それが今はどうだ!農道は2車線の舗装道路、電

気もトランスも。もちろん電話線もNTT光フレッツ

もきている。この道路にそって200メートル、2

年に一戸ぐらいの割合で新しい住宅が建つ。いまや

我が家は田舎ではなく町の中だ。安部内閣菅内閣

の政策のおかげではない。それ以前から那須の『都

会化』は始まった。

 もうここもうるさくなった。そろそろひきあげる

か。山を西に越えて会津あたり?いや、まったく、

全然違う。東京のど真ん中、お茶の水あたり。何の

ためにお茶の水?それは大学病院があるからだ。医

科歯科大、順天堂大、日大病院、東大病院。。。

 那須にも大学病院はあることはある。でも予約し

て2か月待ち。これでは大学病院などないに等しい。

私には二つの持病がある。一つは痛風腎、もう一つ

甲状腺機能不全。これらは専門医の処方箋で完璧

に治る(治った状態)。しかし痛風は30歳で発症

したが町のクリニックで適切な治療してくれなかった

ため腎臓病にまで発展してしまった。50歳になって

から女子医大御巫教授(痛風学会会長)に出会って

痛風治療の間違いを知った。甲状腺も同じ。医科歯科

大学の野田教授に出会てやっと適切な治療を受けれた。

 田舎は良いが病院がない、と言うと地元の人は皆怪

訝な顔をする。よくお分かりではないのだ。教育もし

かり。今私は大田原高校の特別講座SSHをやっている

から教育のことを書くのは遠慮する。しかし誰の目に

も明らかなことは東京は教育の質と量は田舎と比べて

桁違いである。

 菅総理大臣閣下よ、『地方創成』の掛け声などだれ

でもできる。しかし地方の医療環境の整備と子育て教

育の抜本的改革をやろうという人はいない。地方移住

者をそそのかして新たな医療差別と教育差別を作るの

のだ。  

あの世を信じる物理の学生、4年間の勉強で優秀でもあの世、アノヨ

 昨日の本欄で、われわれの集い『那須サイエ

ンスカフェ空騒ぎの会』の年寄り連中が、恐山

の口寄せに出かけるという矛盾を述べた。たく

さんのご意見が寄せられ、皆様の関心の高さに

驚いた。その中に『理系の若者だってあの世を

信じているよ』という訴えがあった。

 たしかにそのとうり。あのオーム真理教事件

のスポークスマン役のジョーコーとか何とか言

う男も早稲田大学理工学部出身者だったではな

いか。ある時早稲田大学理工学部物理学科に、

珍しく女子学生が入ってきた。これがオカルト

だった。

 変な美人の新入生がいる、と私の大学院生

達が騒いでいることに気が付いた。物理学科

の学生はたった50人、女子学生などめった

に入学してこない。高校ならひとクラス。担

任の教員でなくともすぐ顔と名前は覚える。し

かし大学は違う。30人の教授の誰一人として

その新入生たちに興味を示し顔や名前を覚える

などという者はいない。

 しかしこのときはちがっていた。教授会に

までこの女子学生のことが話題になった。本人

と話したという教授があった。『家は母子家庭

鍼灸師、占い師だ』という情報を披露した。

教授たちは『それは困った、物理学を勉強する

のもアノヨのことを確かめたいから』というの

では手の打ちようがないではないか。

 そこで私は立ち上がった。『私におまかせ下

さい。私が立派な科学者として育ててみせます

よ。』教授会のメンバーは皆喜んだ。『そうだ、

大槻先生が適任だ。何しろヒトダマの研究者だ

から(笑)』と。

 かくしてこのオカルト女子学生は私の大学院

生たちのアイドルとなった。成績もよかった。研

究室の談話会などで顔を合わせるたびに話かけた。

『アノヨなどないよ』などと言う単純な会話はし

ないようにしたが、その代わり『エンゲルスの唯

物論を勉強しなさい。ライプニッツの哲学とはね』

という具合に話かけた。

 かくて4年間。彼女の成績はトップクラス。相変

わらず賢く美人だった。しかし4年間で大学院生で

彼女に熱を上げた者も大勢あったがすべて手を引い

た。霊やアノヨを信じるのを止めないどころか、ま

すます激しくなったというのだ。つまり教授会で、

あれだけ見栄を切った私の教育はまったく失敗に

終わった。

 彼女は就職することもなく、大学院に進学する

こともなく、静かに早稲田大学を去って行った。

うわさによると東京西部で母の後をついで鍼灸師

と占いをやっているという。量子力学でも使って占

いでもやっているのか?科学者として、教育者とし

て、私は無力感。

 

熱心な那須サイエンスカフェのメンバーはこぞってオカルト、ついに団体で恐山!

那須サイエンスカフェ空騒ぎの会、みなとても熱心

で毎週皆勤の人がほとんど。しかも毎週一人ぐらい

新たに新人がくる。科学の話をおしゃべりするのが

こんなに人気があるのか、信じられない。

 ところがこの集団が突然恐山に行き、イタコの

死者の霊と対面すると言い出した。こうなったら

私もこの団体旅行に参加してこの種の死者の霊と

の『口寄せ』などナンセンスであることを証明し

なければならない。しかし、『大槻はダメ』と断

られた。

 サイエンスカフェのメンバーはサイエンスはサ

イエンス、霊は霊と別モノで、何の違和感もない。

中には熱心な量子力学のよくわかる人もいるが、

やっていることは一種の新興宗教。つまり科学

好きのこれらの参加者は哲学、世界観、生命観

と科学知識はまったく結びついていないのだ。

 科学知識は単なる知識なのだ。いかに日本の

理科、科学教育が無力であるか、を思い知らさ

れる。こんなことならサイエンスカフェなど全

く無駄だ。大田原高校のSSHで若者にサイエンス

の最先端と科学の世界観を教育した方がいかに

大事なのか、今痛感している。

  若者は教えがえがあるが年寄りはまったくダメ

だ。それでも会話は楽しい。