オナラと『エントロピー』,何でこんな名前?    

 奇妙なタイトルですが、まあお聞きください。これは

今週日曜日、『那須サイエンスカフェの生徒会(カラ騒

ぎの会)』で講演したタイトルです。

 日本では科学用語、とくに物理学の用語は極力日本語

で語ることにしてきました。英語などをそのまま使って

しまうと意味が分からなくなってしまうからです。

 その点物理学用語は実に的確な日本語訳になっていて

感心します。第一physicsをそのままフィジックスとカタ

カナ表記にしては分かり難い。これを物理とすれば、鮮

明なイメージがわきます。『物、事物の理屈、理解』の

ようなすばらしい日本語イメージです。

 明治時代、このような日本での物理用語を初めて作った

のは今の理科大の前身『物理学校』でした。この学校は、

当時東京帝国大学にあった『フランス語物理学科』の卒業

生たちが作った学校で、多くの卒業生たちは全国の中学校

(今の高校)の教員になって行きました。しかし彼らは、

教育現場でフランス語物理、英語物理でとうすわけには

いかなかったのでした。そこで物理用語に日本語作りの

プロジェクトとなりました。

 しかしここに大きな問題が残りました。日本語にしよう

としてももともと意味がよく分からないものの存在です。

それが

  エネルギー  エントロピー  スピン

などという言葉でした。スピンは当時まだありませんでした

からエネルギー、エントロピーが難しいのでした。そこで

やむを得ずこれらの言葉は英語(フランス語、ラテン語

をかな文字で残しました。最近ではクオークなども翻訳

しようにもできずカタカナ文字となっております。

 まさかエントロピーを『オナラ運動』などと表記する

わけにはゆかなかったのでした。この分かり難いエント

ロピーの神髄を次回に解説します。とくにクラウジウス

の発見とボルツマンの発見にせまります。

   (つづく) 

本ブログへのアクセス、はてなからではなく、大部分はツイッターから

本ブログへのアクセスは、利用しているはてなブログ

はなく、 圧倒的に多くのアクセスはツィッターからで、

69%です。次がウィキペディア経由の18%、合計8

7%のアクセスはこれら経由です。肝心のはてな経由で

読まれるのはたった8%なのです。

 つまり本ブログへのアクセスはツィッターなど、『通

りすがりの人』というわけです。これはもちろん悪いこと

ではありませんが私のブログをめざして『はてな』をクリ

ックしてくれる人が少ないことは残念です。このことは、

定期読者が少ないことを意味しているのでしょか。

 『それはそうだ、大槻のブログなどテーマがあっちに

飛んだり、こっちに富んだり、訳が分からないではないか。

物理学の話題などそっちのけ、トランプをほめてみたり、

韓国を皮肉ったり、コロナヒステリーを書いてみたり、

マイレージの担保価値やらUFO騒動とウグイスの話題。

これでは定期読者などいいるわけがないよ』と言われて

しまうでしょう。

 私の不徳の致すところ、ごめんなさい。(笑)別に

謝らなくとも!

 

 

宮城の空に白い球体、まさかUFO?拡大したら人物が!!宇宙人どころか日本人

 毎日新聞からの引用

仙台市上空に17日朝、風船のような白い球

体が浮かんでいると、仙台管区気象台に問い

合わせが相次いだ。担当者は「気象台が揚げ

たものではなく、不明だ。仙台市自衛隊

確認しても分からない」と困惑している。

 気象台によると、午前7時ごろから「早

朝から浮かんでいるが、あれは何か」との

電話が続いた。球体は一つ…

  (引用終わり)

 この『UFO)は地元河北新報などでも一早く

報道され騒ぎは大きくなった。地元気象台はこの

球体観測をつづけ『球体は宮城県南部、大河原

角田、白石あたりまで南下(私の子供のころの

なじみの場所)、夕方5時になったので観測を

打ち切った』と発表した。『公務員は5時まで仕

事』というわけだ。

 私にも取材が来たが『単なるいたずら者の気球

遊び』と断言した。毎日新聞の映像を拡大すると

気球下部の構造物の上に白い洋服の人物がちゃん

と映っているのだ。頭も腕まくりした腕も、足も

はっきりわかる。どう見ても典型的な日本人。ま

さか宇宙人に日本人そっくりさんがいる、なんて!

 試みに頭、腕、足の長さの比をとってみると、

身長2mぐらいの日本人の典型的な体形である。

それにしてもこの男、5時以降の消息が分からず

心配である。操縦不能のような姿勢である。夜

の間にジェット気流に流されて太平洋に流された

はずだ。2,3千メートルの高度というから、上

着一枚の服装では体力がもたないだろう。

 そのうち、アメリカ、カナダで発見されるだろう。        

韓国よ、どこへ行く?、北朝鮮に行く,自由主義国とサヨナラ

昨日の日経新聞からの引用

【ソウル=恩地洋介】韓国の文在寅ムン・ジェイン

)大統領は3日、大統領府の国家安保室長に徐薫(ソ

・フン)国家情報院長を起用するなど、外交安保政

策をつかさどる主要人事を内定した。北朝鮮とパイ

プのある人材を登用し、南北融和を一段と進める方

針を明確にした。。。。

       (引用終わり)

他の新聞、テレビのニュースでは上のニュースは報

道されなかったようだが韓国の将来にとってきわめ

て重要なものだ。何故なら徐氏は『北朝鮮通』どこ

ろではなく、経歴は韓国旧左翼学生運動の流れをく

む経歴の持ち主で、北朝鮮金委員長と常に連絡がと

れる仲であるとされている。つまり、この徐氏は、

韓国が北の共産党政権と『統一』する道筋開く司令

官となるのである。

 韓国に文左翼政権が誕生したとき、本ブログでは

『これで朝鮮半島アメリカ、日本の『自由連合

を離脱し、北の共産党独裁政権と統一する、と予告

した。韓国はその道をまっしぐらに突っ走っている

のだ。

 このような本ブログの考えについて反論や嘲笑が

起こってきた。過去の日本民主党政権のように、文

左翼政権も一過性の『アダ花』である、と。『すぐ

支持率は下がり左翼政権は崩壊する、と。

 このような批判はまったく当たらなかった。支持

率はなんと現在に至っても50%以上を保っている。

これに反対するアメリカ、日本側の『自由主義』『

保守主義』の野党は依然として20%程度の支持率

しかない。

 もちろん北側はすんなりと文政権の統一を歓迎し

ない。しないどころか『統一拠点』と言われる南北

連絡所を大げさに爆破してみせた。文の『南北鉄道

連結』計画もご破算にした。これらの、一連の北の

強硬姿勢は南北統一を北が拒否するものではなく、

南の生ぬるい統一路線を否定し、北の先導で統一す

るための布石である。

 アメリカの軍事基地をかかえ、アメリカとドル

援助条約(韓米スワップ協定)を結ぶ統一など大き

なゴマカシだ、と思い知らせるのが北の狙いだ。昨

日の徐室長の任命によって韓国はアメリカとの同盟

関係の清算に向かう。これが50%以上の国民の支

持率に応えて行く道なのだ。韓国、サヨナラ、別に

悪いことでもない。そのうちわが日本も後を追うか

もしれない。

貯まった航空『マイレージ』が危ない?航空会社への担保価値?

アメリカ航空大手のユナイテッド航空などが資金難に見舞

われている。国の支援もあるが将来はみとうせない。銀行

団に資金援助を要請しても肝心の担保がない。

 そこで担保として銀行がとるのはわれわれ、これまでの

利用客が獲得したマイレージの権利だという。実に不思議

なことだ。われわれ利用客の権利が担保にとられるならば、

利用客の同意が必要なはずではないか。それが利用客の同

意も何も全く無しというのだから呆れる話だ。

 アメリカでこれが適用されれば、やがて日本も同じこ

とをやるはずだ。JALや全日空マイレージが航空会

社の借金の担保に取られると聞けば、日本なら騒ぎが大

きくなるだろう。一種の不法行為になるはずだからだ。

 ところが肝心のアメリカでは利用者は何も言わない

のだから不思議である。法務関係の方、これが合法と

いうのなら、その根拠を教えてください。また、銀行

団にとってマイレージは、どうして担保価値があるの

ですか?これも分からない。わかる方、居ないのです

か?

 

 

UFO?空飛ぶ『未確認動物』?コロナで増加?

この種の目撃談、撮影、『報道』が多いこと。その都度

コメントを求められる。昨晩も某テレビ局から電話。最近

では私の連絡先が分からず、丸善をとうしての連絡も多い

ので丸善編集部も迷惑がっているだろう。

 コロナで多い、ということを勘ぐればテレワークでヒマ

を持て余した人達が遊びごころで映像『制作』にいそしんで

の『作品』が多いのだろう。最近は画像処理もたやすく出来

るという時代だから『ヒマつぶしの楽しい作業』となる。

  いやいやもっとマジメなモノもあるかもしれない。コロナ

で自宅にこもりがちだったから、それだけベランダで空でも

眺めたのだろう。空は意外と面白い。いろいろ奇妙なモノ

が見えるのだ。

 笑えるのは軍用機のパイロットのうつしたUFOというの

があった。偵察機パイロットならあやしい飛行物体に

遭遇したのなら、何故ノンキにビデオ撮影なんてやってる

のか。すぐレーダー照射と同時に電波交信を試みる。

 応答がないならレーザービーム照射で攻撃、警告態勢

に入らなければならない。それがノンキに『あれ、何だろう?』

とビデオ撮影。察するところこの軍用機は撮影中の物体を

単なる『見世物』と思っている証拠だ。

香港、不幸な『一国二制度』、ゴマカシは続かない

ついに香港は本日から事実上の共産党独裁の中国

国家に組み込まれた。不幸なゴマカシ『一国二制

度』は終わった。一つの国に、政治制度、経済制度

の異なる二つの国が共存することなど大きなゴマ

カシであった。このような不幸が何故起こったか。

 この制度はイギリスが中国に香港を返還するとき

返還先を台湾ではなく中国を選んだときの誤りと妥協

の産物である。一体イギリスはなぜこのような奇妙

な決断をしたのか。それは中国との、巨大な経済関係

を維持、強化するためだった。つまり今日の香港の

不幸はほとんどすべてイギリスのゴマカシが原因で

ある。

 たしかにアメリカにもカナダにも一国二制度

似た制度がある。それが『準州』というものである。

しかしこの準州はあくまで内政に関して高度な自治

を持つもので軍事や外交などは絶対に国の枠を超える

ことはできない。準州自治がいかに強固なものでも

一国二制度』ではない。

 今イギリスは(そしてアメリカや日本も)今回の香港

問題について中国共産党を非難しているが、そんなこと

は返還当初からイギリスには分かっていたことだ。その

証拠に、あの返還当時、共産党独裁を嫌って海外に移住

する膨大な人々を助けたのだった。つまり英連邦の国々

オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどに対して

香港人を特別枠で移住できるように配慮要請をして、実際

にそのような移住政策が採られたのだった。バンクーバー

にはリッチモンド地区に香港からの移住者が移り住み、

すでに市全体がチャイナタウン化しているではないか。

 香港は中国にも台湾にも返還せず、独立国としてイギリ

スの支配を終わらせるべきだった。今さら香港独立と言っ

ても空念仏。