福島トリチウム汚染水、『海洋投棄』の怪

 トリチウム三重水素のことで水H2Oにわず

か含まれている。したがってこれを水から分離

するのはなかなか難しい。汚染水の処理がうまく

出来ないまま膨大なタンクに保管されている。こ

のタンクの三重水素水からはベータ線というやっ

かいな放射線が放出される。

 そこで菅内閣はこのタンクの汚染水を『飲める

までに希釈』して海水に放出することに決めた。

自然水のベータ線レベルの40分の1にまで希釈

するという。

 東京都の水道はきわめて良質で『世界にミネラル

ウォーターとして販売』するという案もとりだたさ

れている。その東京都の水道水よりも安全な三重水

素水なら海に放出してもだれも文句は言えないはず

だ。

 ところが私はこの放出に反対なのだ。何故か?そ

れはこの汚染水放出をやるのが東電だからだ。東電

原発事故を起こしたからだ。地震による自然災害

ではなくあの事故は東電の体質によって引き起こさ

れた人災だった。

 原発立地点はもともの海抜14mぐらいだったの

にわざわざ7,8mまで削って原発の造成を行った。

当然10m以上の津波にやられた。電源喪失で冷却

出来なくなった場合のバッテリー群は津波が来る地

下に保管していた。バカ!電源喪失でも東北電力

送電線が近くを通っていた。しかしこれをつなぐト

ランスがなかった。外部から放水で冷却する消防ポ

ンプが無かった。バカ!

 最後の手段、蒸気を使った運転員による冷却装置

の運転の仕方、運転員のだれも知らなかった。バカ

ばか!つまり東電は原発設置と管理、運転、補修が

まったくできなかった。最近でも間抜けぶりが目に

余る。テロ対策のミス、作業員の認証ゲートでのご

まかしなど。

 こんな無能な東電の『三重水素水の希釈』など、

だれが信用できるか。

 

 

那須市民大学、youtubeで中継されます

那須市民大学は5月15日から5回に亘って毎土曜日

午後6時から8時までの時間帯で行われます。場所は、

新幹線那須塩原駅東口公民館です。

 第1回 5月15日

   『相対性原理とは何か』

 物理学の基本になる法則はあらゆる場所と時間にお

いて不変でなければならない。これが相対性原理です。

この哲学はすでに釈迦の般若心経の中で説かれています。

『自然の法は不増不減、不変不滅なもの』というわけで

す。その法則の一つが電磁気の法則(マックスウェルの

方程式)です。この法則の中に光速度cが入ってますか

ら、cは相対性原理によって不変でなければならない。

これは

   『光速度不の原理』

と呼ばれます。

 第2回 5月22日 

  『時間の遅れ、空間の縮み』

 この解説はまた後でやります。

コロナ失政、最大なモノはワクチン開発忘れ

    (朝日新聞からの引用)

  新型コロナウイルスに対するワクチン

高齢者への接種が12日、始まる。使われるの

は海外製で、日本メーカーも開発に着手はし

ているものの、実用化のめどはたっていない。

国産ワクチンは、なぜここまで出遅れてしま

ったのか。。。。。。

     (引用終わり)

 これは長い記事なので引用しないが、この

記事の最後のところで政府の補助について述

べている。アメリカはワクチン開発に当初1

兆円規模の資金を投じた。これが『ワープ

スピード作戦』というものだった。ところが

わが日本はたった100億円!アメリカの1

00分の1。まさに『スロースピード作戦』!

 その100億円も製薬会社が護送船団方式

で受け取りどれだけワクチン開発に直接使用

されたのかが分からないし、政府のチェック

もない。

 菅政権はコロナ対策で馬脚を表したが、そ

の中でが大きいのが肝心なワクチン開発の失

敗だ。いまだに国産ワクチンが出来ないだけ

で総辞職に値する。

 

菅政権、『核による先制攻撃』意図、これが信じられるか?

        (読売新聞からの引用)

         (引用終わり)

 皆さん、これ、信じられるか?日本は世界でただ

一つの被爆国である。核兵器全廃、核戦争反対は当

然の国是ではないのか。

 ところが、ところが、菅内閣は米国の『核による

先制攻撃はやらない』という宣言に反対したのだ。

つまり核による先制攻撃をしない、という米国の

政策に反対したのだ。

 このことは菅政府の右翼内政、外交、軍事政策の

中心をなすもので国民の核廃絶の要望に真っ向から

挑戦するものだ。かねてから菅総理大臣閣下の陰湿

な右翼はね上がり政策にうんざりしてきたが、核兵器

による先制攻撃を米国にせまるとは常軌を逸している。

黒田日銀総裁の悲願『2%のインフレ目標』、10年近く無駄骨

 こんな悲願、一般国民は冷たい反応。場合によっては

インフレで物価が上がらなければ『結構なこと』となる。

 一体何故国の指導者はインフレにしたがるのか。『3

%ぐらいのインフレになれば国は発展しつづける』と彼

等は説明する。実際カナダなどではたしかに年3%ぐら

いの物価上昇がここ20年も続いているではないか。

 物価上昇がつづけば必然的に企業は新しい設備を導入

して生産力をあげようとする。つまり企業の力は増大し

『国力』も上がる。それに伴って賃金も上がることに

なるのだ。

 黒田日銀は最初3%のインフレ目標をめざすと言った

がそれが不可能とみるや『2%目標』に切り替えた。し

かしそれでもインフレはおこらなかった。つまり『モノ

が有り余っている』のだ。お金が有り余ってモノがなけ

ればインフレは起こる。モノが有り余っているのに、お

金だけ大量に発行してもインフレは起こらない。これが

黒田日銀の勘違いなのだ。

 それなら何故モノが有り余っているのか。それは中国

が安い賃金で大量のモノを作っているからだ。つまり、

中国の安い賃金の労働者の犠牲の上に日本には安いモノ

があふれている。資本主義の矛盾と共産主義の矛盾の

せめぎ合い。これが黒田総裁を困らせている。

那須市民大学開校『相対性理論と宇宙の成り立ち』

 表題の市民大学を開校します。

  主催 那須塩原市生涯学習

  講師  大槻義彦

  日時 5月6月 毎週土曜日6時ー8時PM

  場所  那須塩原駅東口公民館

  内容  5/15 相対性原理

      5/22 時間と空間

      5/29 等価原理

      6/5 重力と時空の曲がり

      6/12  アインシュタインの宇宙方程式

  参加資格 原則那須塩原市民ですが大槻の紹介者数名

       を受け入れます。このブログからお申込み

       ください。なお講義はその都度youtube

       送信されますから遠方の方はそちらをご覧

       ください。 

那須サイエンスカフェ空騒ぎの会、21年度夏季講座 スタート

 この会は那須サイエンスカフェ(運営委員会と那須塩原

生涯学習課との共催)の参加者の一部が任意に集まった

同好会です。原則、その時に応じて参加者の一人、または

二人がその時ごとに講師を務め、その後質疑、討論を

行います。参加者は那須塩原周辺の方だけでなく遠くカナ

バンクーバーからまでWEB参加する方もいます。ふるっ

てご参加ください。

 予定されている話題は

  アメリカ海軍所有の奇妙な特許、反重力エンジンの怪

  ダイアモンド原子力電池

  空中ディスプレーとは何か

  ドレスト光子とその応用

  エニオンの不思議

  ブラックホールに情報保存

  パリティ保存、パリティ非保存

    。。。。。。