北海道旅行、恥の上乗り、その2

 フェリーはこれまで乗ったこともないような

巨大な船でしたから積み込む車、トラックの多

さもただごとではありません。すべて積み込む

のに数時間。もちろん苫小牧に到着してからは

乗用車から出れるので時間はそれほどかかりま

せんでしたがそれでも順番が来るのにフェリー

が岸壁に接岸してから1時間もかかりました。

 苫小牧から『道央道』という高速にのって、

東へ東へ、帯広めざしてひた走り。千歳付近か

はトンネルにつぐトンネル。高い山などまったく

ないのに何故かトンネルです。トンネルは暗く

緊張の連続。2000mぐらいのトンネルを超

えるとすぐ5秒ぐらいで次のトンネル。

 帯広付近までこの調子。驚いたのは制限速度

の変化です。車のナビに制限速度が表示されま

すがこれが目まぐるしく変わるのです。70,

90、80、100、70,100。。。。

といった具合。70の1車線から急に2車線に

なると90に代わりますが、それが70のまま

、ということもあるのです。一体この目まぐし

い速度制限はなにを基準としてやってるのか。

 もちろん私はなるべくこの速度制限を遵守

するように心がけました。しかし他のドライバー

の皆様はこんなの全く無視。70の場所では私の

後ろに延々と車がつながってしまのがバックミラ

ーに映って見えて何か心が落ち着きません。突然

2車線になると後ろの車はレーシングカーのよう

な唸り声をあげて追い越し、追い越しがつづきま

す。

 この道央道はまわりはえんえんと小高い丘、小

さい山並みなにです。まったく利用されていない

土地なのでした。牧草地でもなく植林もされてい

ない。つまり放置さている土地。この区間は北海の

東西の長さの10分の1ぐらい。そうか、北海道は

未利用地は10%ぐらいはあるのか。それなら『

悲願の』北方4島返還を受けて、だれが住み着き、

何に利用するつもりなのか?

 どうのこうの言いながらやっと夕方駅前のビジネス

ホテルに到着しました。これで大好きな北海道イクラ

どんぶりが食べられる!駅前だからレストランはたく

さんあるはずだ。それが探しても探しても何もない。

そこで駅前の大きなスーパーに入ってみた。店内のレ

ストランの表示がたくさんある。和食らしきレストラ

ンは2Fと4Fらしい。

 ところがいくら探してもこれらの和食やはない。そこ

で店員に聞いてみた。そのおばさんは事もなげに答えて

くれた。『今はこのスーパーでやってるのはそば屋さん

とラーメン屋だよ』と。結局このスーパーでお弁当を買

って食べるはめに。北海道まで来て、340円のお弁当

?!ああ!    つづく