論語、学んで思わざれば。。。、50歳ごろまで私がそうだった

孔子いわく 『学んで思わざればすなわちくらし、思うて

学ばざればすなわちあやうし』

 もちろん私は論語を若いときに読んだ。そして

   怪力乱神を語らず

に感銘した。若いころから唯物論だったからだ。しかし

『学んで思わざれば。。。』に気がつくことはなかった。

ただただ学ぶことに明け暮れ、論文を書くことに追われた。

 理解困難な量子力学もそうだった。シュレーディンガー

ディラックの方程式は複素数で書かれている。その複素

空間など想像することも理解することもできない。そんな

空間は実在ではなく数学的思惟経済(理解の早道)であろ

うぐらいにしか考えていなかった。

 それが40歳を過ぎたころから考えが一変した。量子の

世界は複素空間の現象ならばそのまま複素空間のミクロ

の世界を受け入れねばならない。複素空間の実数部分の

みを受け入れる態度は間違いだ、と。複素空間の相転移

を考えれば莫大なエネルギーが現実世界にまで出てくる

のだ。

 私の場合学んでから思わざればの『思い』に達するまで

20年以上かかった。

 余談ながら本ブログのketukさんは私の論語記事の直後

に投稿してくれた。『それが私です!』と。一体この人

は科学者でもないだろうに何故こように『思わざる』に

すぐ気がついたのか!?ketukさん、そこのところをもう

一筆書いてください。